経絡リンパマッサージ協会

コラム

夜に行うリンパマッサージ

一日の老廃物を流す経絡リンパマッサージ!!

体が温まっている入浴後は、マッサージの効果をよりいっそう引き出す絶好のタイミング。

老廃物の滞りのサインである肩こりやむくみなどを「いつものこと」と放置していると、どんどん流れが悪くなり、体調は悪化してしまいます。

今日の疲れを明日に持ち越さないように毎日リセットする事を心がけましょう!1日1分セルフケアをし排泄力を高めることで、不調改善だけでなくダイエット効果もアップします。

一日の終わりに!経絡リンパマッサージ

1、足の裏をさする(各10回程度)

あぐらをかくように座り、両手の親指を足の裏に当て、指の付け根からかかとへ向かって交互左右にさする。

*保湿クリームなどをつけると滑りがよくなります。気持ちがいい程度の強さで行いましょう。

2、ふくらはぎをさする(各3回程度)

左右の手のひらで足首を包み込むように握り、ゆ〜っくりとふくらはぎを足首から膝の裏までさする。

*ふくらはぎに溜まったむくみを、リセットしましょう。

3、ビキニラインをさする(各3回程度)

両手を腰骨の下にあて、ビキニラインに沿って外側から内側に向かってさする。

*ケアのポイントは、鼡径リンパ節の詰まりを解消すること。脚全体の流れがよくなります。シャワー時には鼡径部を温めると効果的です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一般社団法人 経絡リンパマッサージ協会 代表理事
銀座ナチュラルタイムグループ 総院長
現在は東京医療専門学校教員養成科マッサージ臨床学の非常勤講師を務める。

経絡リンパマッサージの第一人者として、海外書籍を含め70冊以上、雑誌などの監修誌は1000誌を超える実績を持つ。TV、雑誌、企業の美容健康関連商品などで多くの監修を手がける。女性のための健康と美のセルフケアの普及、鍼灸マッサージ師の臨床教育などにも力を入れている。また、自らの臨床経験を生かし、健康や医療、予防医学の大切さをライフワークとして伝え続けている。さらに、身近な美容やダイエット、食事や生活を通じて、ベビーやママ、女性たちの幸せな毎日を応援している。

資格について知る