コラム

リンパマッサージを自分で行う時の準備と注意点

自分で行うセルフケアリンパマッサージを始めた女性
KEIさん

RAKU先生、自宅で、セルフケアのリンパマッサージを始めようと思います。

RAKU先生

いいですね!

KEIさん

事前に準備するものや、注意点があれば教えて欲しいのですが。

RAKU先生

わかりました。準備物や、注意点について、お伝えしますね。

KEIさん

よろしくお願いします。

セルフリンパマッサージは、自宅で手軽に行える健康法として人気が高まっています。むくみや冷え、疲労などの改善に効果が期待できますが、効果を最大限に得るためには、正しい準備と注意点を守ることが重要です。

目次

準備

リンパマッサージの準備をする女性

1. 環境を整える

  • 室温: 20~25℃程度の、温かい部屋で行いましょう。室温が低いと、体が冷えて効果が得られにくくなります。
  • 照明: 明るすぎず暗すぎない、落ち着いた照明を選びましょう。電球色の間接照明で、調光可能なものがおすすめです。
  • 音楽: 静かな環境でリラックスできるようにしましょう。音楽をかける場合は、ゆったりとした曲を選ぶと良いでしょう。

2. 体の準備

  • 入浴: マッサージ前にぬるめのお風呂に入ると、体が温まり、筋肉がほぐれやすくなります。
  • 水分補給: マッサージ前にコップ1杯の水を飲みましょう。水分補給することで、老廃物の排出を促します。
  • 服装: 動きやすく、締め付けのない服装を選びましょう。

3. マッサージオイル・タオルなど

  • オイル: 無香料のものや、好みの香りのものなど、自分に合ったものを選びましょう。
  • タオル: マッサージ後の汗拭きや、オイルの拭き取りに使用します。

注意点

リンパマッサージをする時の注意点を教える女性

1. 体調が悪いときは避ける

  • 風邪や熱があるとき、体調がすぐれないときは無理に行わないようにしましょう。

2. 肌が荒れているときは避ける

  • 傷や炎症がある部分にはマッサージを行わないようにしましょう。

3. 食事直後は避ける

  • 食後すぐに行うと、気分が悪くなる可能性があります。

4. 力加減に注意する

  • 力が強すぎると、逆にむくみや炎症の原因となる可能性があります。
  • 皮膚を優しく圧迫する程度にしましょう。
RAKU先生

力加減は、もっとも重要なポイント!「気持ちいい!」と、感じることを目安しましょう。

5. リンパ節を強く直接刺激しない

  • リンパ節はデリケートな部分なので、いきなり直接にマッサージするのは避けましょう。
  • リンパ節周辺から、優しくマッサージするようにします。

6. ゆっくりとリンパの流れに沿って行う

  • 焦らず、ゆっくりとリンパの流れに沿ってマッサージを行いましょう。
  • 1つの部位をじっくりとマッサージするようにしましょう。

7. 水分補給を忘れずに

  • マッサージ前後に水分をしっかりと補給することで、老廃物の排出を促します。

8. 毎日継続する

  • 毎日少しずつでも良いので、継続して行うことが効果UPのポイントです。
RAKU先生

少しずつでいいので、毎日行って、習慣化するのがいいですね。

9. 無理はしない

  • 痛みを感じたり、体調が悪くなったりしたら、無理せず中止しましょう。

10. 専門家に相談する

  • 以下のような場合は、医師に相談してから始めることをおすすめします。
    • 妊娠中・授乳中
    • 心臓病や肝臓病などの持病がある
    • 血液の病気がある
    • 骨折や脱臼などのケガをしている

まとめ

リンパマッサージの準備ができて喜んでいる女性

セルフリンパマッサージは、準備と注意点を守り、正しい方法で行うことが重要です。

毎日少しずつでも継続することで、より効果を実感できるでしょう。

セルフリンパマッサージを習慣にして、健康的な体を目指してください。

KEIさん

しっかりと準備をした方がいいんですね。

RAKU先生

そうね。最初が肝心だから、しっかり準備して始めましょう!
一度覚えてしまえば、簡単ですから。

KEIさん

はい!そうします。

〜セルフケアセミナーのお知らせ〜

経絡リンパマッサージ協会主催のセミナーの様子

経絡リンパマッサージ協会では、セルフケアとしてのリンパマッサージを、皆様に習得して頂くセミナーや、先生として、指導できようになるセルフケアインストラクターなど、さまざまなセミナーを開催しています。
セルフケアは自分で行うからこそ、正しい知識とやり方を身につけないと、効果も半減してしまいます。
少数精鋭の講座から、皆さんで和気藹々と受講するセミナーまで、ニーズに合わせて随時開講していますので、まずはお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一般社団法人 経絡リンパマッサージ協会 代表理事
銀座ナチュラルタイムグループ 総院長
現在は東京医療専門学校教員養成科マッサージ臨床学の非常勤講師を務める。

経絡リンパマッサージの第一人者として、海外書籍を含め70冊以上、雑誌などの監修誌は1000誌を超える実績を持つ。TV、雑誌、企業の美容健康関連商品などで多くの監修を手がける。女性のための健康と美のセルフケアの普及、鍼灸マッサージ師の臨床教育などにも力を入れている。また、自らの臨床経験を生かし、健康や医療、予防医学の大切さをライフワークとして伝え続けている。さらに、身近な美容やダイエット、食事や生活を通じて、ベビーやママ、女性たちの幸せな毎日を応援している。

資格について知る